就職一年目日記。 へタレで凹み屋ですが何か。


by dita-orange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大阪の実家より

世間は平日、私は有休。
そんなわけで、はいこんにちは。今日は大阪の実家よりお送りしております。
30日にこっちに帰ってきたんですが大阪は暑い暑い!
30℃近くまで気温が上がってしまってすっかり夏日の様相です。
ただ、今日はちょっと寒くなってひんやりした気候ですが・・

昨日は友人と会い、夜まで喋り倒してました。
近況にコイバナに話題は尽きず(*´д`*)
会社からもらった名刺を渡すと、改めてもう自分は学生じゃなくて
社会人なんだと実感。今度会うときはもう一皮むけていたいなぁと思ったり。

家族の方はというと、兄弟たちはクラブやら学校やらで連休中にも関わらず
誰も家にいないらしく、母親も「最近は誰も家にいなくてつまらない」とこぼす。
学生の時は私は昼までぐうたら寝てたからなぁ・・・

父親の方は実はこの連休中にも関わらず、結構大変なことになっていて
あの尼崎事故以来、方々を謝罪して回っていたようです。
(どこに勤めているかは言わずもがなですね)
そんな流れで事故の話などをマスコミの報道とは違う視点から聞いてやはり
マスコミというのは必ずしも事実を正しく伝えていないことを実感しました。
場合によってはある立場の者を作為的に悪者に仕立て上げることだって
あるということはしっかり一般市民として認識しておかないと、
扇動されてしまうのでは?

今回の事故でなんかオカシイと感じたことを一つだけ。
鉄道会社側が安全対策を怠っていたり、運転士の教育を本当の意味でしっかり
行っていなかったことは確かに落ち度があります。そこは私も同感です。
でも、「一分や二分の遅れより安全を」という論調は事故前からあったでしょうか?
人が死んではじめて気付いたのは鉄道会社側だけではないはず。


普段電車が少しでも遅れたら、駅員に詰め寄って
文句を言ってたのはあなたたちでしょう?


そのことはしっかり頭に留めておいてほしい今日この頃です。



今回の事故で亡くなられた方にはご冥福をお祈りし、
怪我をされた方は一日も早い回復を願っています。
[PR]
by dita-orange | 2005-05-02 09:51 | 日常